ダイエットプロテインの正しい飲み方は?摂取のタイミングも合わせて紹介

ダイエットプロテインの正しい飲み方は?摂取のタイミングも合わせて紹介

ダイエットプロテインを摂取するうえで、とくに重要となってくるのが飲み方です。しかし、プロテインにも色々な種類や効果があり、いったいどんな飲み方がいいのかわからない方も少なくありません。
そこで今回は、参考にして欲しいプロテインの基礎知識から、効果を更に高める正しい飲み方までわかりやすくご説明します。

ダイエットプロテインとは

一般的に、人間が一日に必要とするタンパク質は体重1キロあたり1グラムほどですが、アスリートなどの沢山のスタミナを必要とする方々は、更に多くのタンパク質を取らなければいけません。しかし、食事だけで十分なタンパク質を摂取することは非常に困難であり、逆に健康を損なう可能性があります。
そこで登場するのが、効率よくタンパク質やさまざまな栄養素を取り込めるプロテインです。筋肉を作るために飲むというイメージがプロテインにはありますが、実際はダイエットにも適しており、女性にも人気がある健康食品としてダイエットプロテインがあります。
ダイエットプロテインには、牛乳が原料のホエイプロテインとカゼインプロテイン、大豆から出来るソイプロテインの3種類のタイプがあり、目的やタイミングに合わせて使い分けると効果的です。

ダイエットプロテインの作り方

パウダー状のダイエットプロテインの場合、水や豆乳・牛乳を合わせる際に作り方によっては「ダマ」と呼ばれる固まりが出来てしまうこともあります。ダマを作らないで飲むためには、まずはプロテインを入れるタイミングが重要です。プロテインを先に入れ、そのあとに液体を入れるとシェイカーにこびりつきやすくなります。そのため飲み物を入れた後にプロテインを投入するのがいいでしょう。
そして、ダマを作らないようにするためには、プロテインを入れたらすぐにシェイクするのがおすすめです。シェイクする時は、上下だけでなく左右にも振ることでダマはできにくくなります。
また、液体の温度が冷たいとプロテインが溶けにくくなるため、プロテインを投入するのは常温か温めたの液体がおすすめです。

効率的な摂取のタイミングとは

3種類のダイエットプロテインにはそれぞれの特徴に沿った飲み方があり、自分の生活スタイルに合った飲み方をしなければ、効果を最大限に発揮しません。
まず、ホエイプロテインは吸収が早いため、トレーニング後30分以内のいわゆる「ゴールデンタイム」に飲むと非常に効果的です。ホエイプロテインで運動後の体に素早く栄養補給して、トレーニングの疲れが残らないようにできます。
対照的に、吸収の遅いソイプロテインとカゼインプロテインは、寝る30分ほど前に飲むことで就寝中の成長ホルモンの働きをサポートします。
また、体からタンパク質が抜けきっている朝も、プロテインを摂取するのに絶好のタイミングです。

オススメのダイエットプロテインとは

・フレッシュプロテイン
ホエイプロテインとソイプロテインがミックスされた、珍しいダイエットプロテインです。2種類のプロテインを配合することで、さまざまなタイミングで使用しやすくなっています。ベリー味とグリーンアップル味の2タイプがあり、牛乳との相性も良く飲みやすいというベリー味が人気です。味の評判もいいですが、カロリーが低く食事の時に併用しやすい点も魅力でしょう。

合わせる液体で味を楽しむ

ダイエットプロテインは各社色々な味が用意されています。これらは合わせる液体によっても味や口当たりが変化しますので、いろいろなものを試してあなた好みのダイエットプロテインをみつけてみましょう。