筋トレでダイエットプロテインを取り入れるのはなぜ良いのか

筋トレでダイエットプロテインを取り入れるのはなぜ良いのか

筋トレの際にダイエットプロテインを取り入れる方は非常に多くなっています。ここでは筋トレにダイエットプロテインが良い理由に加え、筋トレに役立つさまざまな情報をお届けします

なぜダイエットに筋トレなのか

ダイエットをする際、ウォーキングなどの有酸素運動と無酸素運動である筋トレのどちらがより効率的か考える方は多くいます。
一見、脂肪を燃焼させる有酸素運動の方がダイエットには重要だと思うかもしれません。しかし有酸素運動のみで脂肪を燃焼させるためには多くの時間が必要です。
対照的に、筋トレは、行っている時に脂肪は燃焼されませんが、終わった後に分泌されるホルモンによって体の代謝が上がり脂肪が燃焼されやすい状態をもたらします。
つまり、筋トレ後に有酸素運動をすることで、もっとも効率よく脂肪を燃焼させることができるということです。逆に、有酸素運動の後に筋トレをしてしまうと、トレーニングのパフォーマンスは大きく下がってしまいます。この効果は科学的にも立証されており、ダイエットをするなら知っておく基礎知識となります。

筋トレをする際に必要な栄養素とは

体に負荷をかける筋トレをする際には、必要な栄養素が不足していると高い効果は期待できません。筋トレの前には、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、食物繊維などを摂取し、エネルギーを付けておくことが重要です。
また、筋トレ後の疲弊した体にも栄養補給をしないと、疲れが体に残ってしまい日常生活にも影響してしまう可能性があります。
筋トレ後の体を回復するためには、炭水化物やタンパク質の他に、ミネラルやアミノ酸を摂取するといいでしょう。とくに、BCAAと略される分岐鎖アミノ酸は筋肉の原料としてさまざまな効果がある重要な栄養素です。
これらの栄養素を、トレーニングが終わってから30分以内に取ることで、トレーニングの効果は大きくアップします。しかし、食事だけでは十分な栄養を取ることは困難。そこで、栄養補給をサポートするために生まれたのがダイエットプロテインです。

ダイエットプロテインの成分とは

ダイエットプロテインは主に、牛乳から作られるホエイプロテインとカゼインプロテイン、大豆が原料のソイプロテインの3種類に分かれています。
ホエイプロテインには必須アミノ酸やBCAAが多く含まれており、筋トレ後に飲むと大きな効果があります。
カゼインプロテインはホエイプロテインと同じくアミノ酸を含んでいますが、ホエイプロテインよりも吸収が遅いので、タイミングによって使い分けるのがおすすすめです。
動物性タンパク質であるホエイ、カゼインとは異なって、アルギニンが豊富なソイプロテインは植物性タンパク質です。植物性だけあって脂肪分が低く、カロリーを抑えたい時に役立ちます。
ダイエットプロテインにはタンパク質だけでなくビタミンなどの多くの栄養素がバランス良く含まれていますが、やはり単体では十分な栄養が取れませんので、きちんとした食事も必要です。ダイエットプロテインとは、食事だけでは取ることが難しい栄養を補うものだと考えましょう。

ダイエットプロテインで効率よく筋肉を作ろう

ダイエットプロテインは筋トレやダイエットには欠かせない食品となっていますが、摂取するタイミングや成分などを理解していなければ効果を発揮することはできません。また、効果だけを気にするのではなく、飲み続けることを考えると自分好みの味のプロテインを見つけることも重要です。
数多くのダイエットプロテインが販売されていますが、今回ご紹介した知識を頭に入れておけば、プロテイン選びはもっと楽しくなります。筋トレのメニューなどと同じく、自分の求めるゴールに合ったプロテインを選びましょう。